アルバイトがお金を借りる方法はカードローンが便利

投稿日:

安定した収入があり、きちんと返済してくれる人物と判断された場合はアルバイトでもカードローンを利用することができます。安定した収入と判断されるには、勤続年数や信用情報大切です。

大手消費者金融は即日融資に対応しているところもあるため、申込当日にお金を借り入れすることも可能。アルバイトが消費者金融カードローンを利用してお金を借りる方法や、その注意点を解説していきます。

マネーおじさん
お金が借りられるのは信用できると判断された人だけなんだ。

アルバイトの人がカードローンでお金を借りる方法

カードローンを利用する上で、基本的な条件といえるのが安定した収入を確保できているかどうか。アルバイトでもカードローンは利用できますが、返済能力がないと判断された場合審査には通りません。

日雇いや日払いといった仕事は、継続して収入が得られるとは限らないため消費者金融や銀行といったカードローン会社は審査で厳しくみます。

ある程度の期間、継続してアルバイト勤務していることは最低限の条件と考えてください。

アルバイトでお金を借りるための条件

安定した収入を確保できているかといった点にも繋がりますが、アルバイトでも勤続年数は長い方が審査には通りやすいです。長く働いていることは、カード会社の審査ではプラスの要素として捉えられます。

アルバイトだけに限らず正社員の人にもいえることで、勤続年数の長さは信用に関わります。カードローンの利用を考えている場合、自分がどれだけの期間同じ職場に勤務しているかを意識しておきましょう。

年齢を満たしているか

カードローンの利用条件には年齢が設けられています。

基本的に満20歳以上であることが利用条件のことが多く、たとえアルバイト収入が多く安定してお金を確保できている場合でも、年齢が条件を満たしていなければ申し込みすらできません。

その場合は、家族カードを所持することも検討してみてください。

信用情報にキズがないか

基本的なことですが、信用情報にキズがあるとカードローンの審査に大きく影響します。

日本には3つの個人信用情報機関があり

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)

上記にてお金に関する過去の利用状況を管理しており、長期の延滞や債務整理といった金融事故情報があれば、ブラックリストとして登録されるためカードの審査は通りません。

信用情報にキズがあると、カード会社は信用できない人物と判断します。

また、金融事故情報は各金融機関に共有されるため、クレジットカードだけでなくローンも利用できません。信用情報機関に名前が登録されると、理由にもよりますが5年から10年はキャッシングに申し込んだとしても、審査落ちは濃厚と考えてください。

マネーおじさん
カードローンでお金を借りるには信用できる人物であるかをみられるんだ

アルバイトでお金を借りる方法

急遽お金を用意しなければいけないという状況に陥った場合、強い味方となるのがカードローンをはじめとする、金融機関からの借り入れです。

アルバイトの人がお金を借りるには、どのような方法があるか見ていきましょう。

消費者金融のカードローンを利用する

アルバイトの人がお金を借りるにあたって、まず検討したいのが消費者金融のカードローン。

アルバイトでも申し込みできる消費者金融のカードローンはあり、利用条件を満たし審査に通過すれば借り入れが可能です。

消費者金融のカードローンは

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • レイクALSA
  • SMBCモビット

上記が代表的な会社で、コマーシャルの影響もあり生活において身近な存在になりつつあります。

各社で金利や融資限度額は異なり、審査難易度もさまざまです。

大手消費者金融では即日融資も可能

先ほど名前を挙げた消費者金融は業界の中でも大手とされる会社で、利用しやすいカードローンを提供しています。即日融資に対応している消費者金融もあり、急遽お金が必要となった際その日のうちに借り入れすることがが可能です。

カードローンの審査が最短30分で完了する会社もあり、万が一の事態にも対応できる心強い存在と言えます。急ぎでお金が必要な場合は、即日融資ができる大手消費者金融を活用しましょう。

消費者金融カードローンの申し込み方法

消費者金融カードローンを利用するには、当然申し込みをして審査に通過しなければいけません。カードローンの申し込み方法は、ネットもしくは無人契約機、さらに窓口でも可能です。

最近ではWEB完結を強みにしているカードローン会社が多く、ネットから全ての手続きを済ませることができます。

申し込みにあたって、お金を借りられる限度額が50万円を超えている場合、収入証明書が必要となるため事前に準備しておきましょう。

ローン契約機の場合は審査に通ればその場でローンカードを受け取ることができ、現金を引き出すことが可能です。

銀行カードローンも一つの手段

消費者金融だけでなく、銀行でもカードローンを利用できます。

消費者金融に比べて審査は厳しくなりますが、金利が低く設定されているため利用しやすいのが特徴です。

銀行カードローンは

  • 三菱UFJ銀行バンクイック
  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

といったものが挙げられます。

WEBで簡単に申し込みができる点や、年齢が満20歳以上であればアルバイトでも申し込みが可能な点は高く評価されており、安定した収入があれば審査通過も可能です。

メガバンクならではの安心感もあり、消費者金融のカードローンに並び人気があります。

マネーおじさん
アルバイトの学生でも消費者金融や銀行カードローンを利用できるんだね

アルバイトでお金を借りる際の注意点

アルバイトの人がお金を借りる上で、

  • 年収などの虚偽報告をしない
  • 多重申込みをしない
  • 支払いは遅れない
  • 安定した収入を心がける

というポイントに注意しなければなりません。アルバイトでお金をかりるときの注意点を、ひとつひとつ確認していきましょう。

年収など虚偽申告をしない

アルバイトの人がカードローンの審査に通るためには、年収や勤続年数といった審査に関わる情報を虚偽申告してはいけません。

審査に通過したいために、真実ではない情報を記載して申し込みする人がいます。審査では職場への在籍確認も行われるため、虚偽は必ずバレるため注意してください。

虚偽申告は大きく信用を失うため、今後カードローンを利用できない可能性も高いです。

多重申し込みは審査落ちの原因になる

短期間で複数の金融機関に申し込みをした場合、相当お金に困っていると判断され審査落ちする可能性が高まります。

多重申し込みは申し込みブラックとなり、信用情報機関にブラックリスト登録される可能性もあるため、十分注意してください。

一度カードローンの審査に落ちた場合は、多重申し込みを防ぐためにも最低半年は次の申し込みを控えるべきです。

支払いを滞納しない

支払いを滞納することで、最悪の場合ブラックリストに名前が登録されます。クレジットカードの支払いや奨学金、携帯電話のローンなどを滞納すると信用情報に関わります。

滞納が酷ければ、社会的な信用を失うためお金を借入することは難しいです。

安定した収入を意識する

アルバイトの場合は、正社員以上に安定した収入をチェックされます。毎月安定した収入があること、且つ継続的にお金を得られるかが重要です。

勤続年数なども判断の材料として確認され、収入が安定しないと判断されれば審査に通過できない場合もあるため注意しなければなりません。

マネーおじさん
アルバイトでお金を借りるには信用できる人物であると認識されることが大事なんだ

アルバイトの人がカードローンでお金を借りる方法まとめ

アルバイトでもお金を借りる方法を詳しく解説してきました。

  • 大手消費者金融は比較的審査に通りやすい
  • 年齢は満20歳以上であれば申し込みが可能
  • 即日融資にも対応できる
  • 審査は安定した収入が求められる

アルバイトでも申込条件を満たしていれば、消費者金融や銀行からお金を借りることが可能です。カードローンの会社によっては即日融資にも対応しているため、急にお金が必要になった場合に活用できます。

お金を借りる際はアルバイトでも安定した収入が求められるため、年収や勤続年数が審査に影響します。信用情報に傷がついている場合はお金をかりることはできないため注意が必要です。

マネーおじさん
アルバイトでもカードローンや銀行カードローンの申し込み条件を満たしていれば利用できるんだ

-属性別お金の借り方

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.