カードローンとは違う!?クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるには?

投稿日:

この記事の目次

クレジットカードでもお金を借りられる?

「今月急な出費できついからお金を借りたいな…」なんてことはあるはず。そんな時に思い浮かぶのがクレジットカード会社や消費者金融などの「カードローン」。

しかしクレジットカードを持っていればショッピングの際の支払いだけでなくお金も借りられます。クレジットカードには「キャッシング枠」というものがあり、これを利用すれば必要の際にお金を借りることができるのです。

ここではそんな「クレジットカードのキャッシング枠」について、カードローンとの違いや金利・返済方法などの特徴、キャッシング枠利用の際に覚えておきたいことについて詳しく解説します。

カードローンとクレジットカードのキャッシングとの違いってなに?

働くようになると便利なのが「クレジットカード」。支払いの際に小銭をジャラジャラ取り出すことなく、スピーディーに買い物ができます。

また、イメージ的にも現金よりクレジットカードのほうが大人にスマートに見えるため、持っていることが一種のステータスともいえると思います。

そんなクレジットカードですが、買い物時に使用するショッピング枠の他にキャッシング枠を設定すればカードローンと同じようにお金を借りることができるので、急な出費でお金が必要な際にはとても便利です。

しかしカードローンとクレジットカードのショッピング枠は、いったい何が違うのでしょうか?ここでは2つの違いについてみてみます。

違い1 キャッシング枠のほうが選べる支払い方法が少ない

まず違うのは支払い方法です。例えば某クレジットカード会社を参考に見てみると、カードローンとクレジットカードのショッピング枠では以下のような違いがあります。

① カードローン

キャッシング1回払いとキャッシングリボ払いの2通りから選べ、キャッシングリボ払いは「残高スライド元金定額払い」と「毎月元金定額払い」のどちらかを選択できる

② クレジットカードのショッピング枠

カードローンと同じくキャッシング1回払いとキャッシングリボ払いの2通りから選べるが、キャッシングリボ払いは「毎月元金定額払い」しか選べない

まず「キャッシング1回払い」とは、決められた締日時点で借り入れた元金と手数料の合計を決められた日に1回で支払う方式で、これに対して「キャッシングリボ払い」とは、借り入れた元金のうち一定額と金利の合計を決められた日に支払う方式です。

そして「残高スライド元金定額払い」とは、リボ払いなのですが利用額に応じて元金分の一定額が増加する支払い方式で、例えば100万円借り入れていれば月々の元金分の支払いは2万円、200万円であれば3万円、といったように増えていくということです。

対して「毎月元金定額払い」とは、その名の通りいくら利用していても元金分の返済は一定額という支払い方式のことで、例えば100万円借りても返済は7万円、200万円借りても返済はやはり7万円といった形です。

このように、カードローンではリボ払い時に2通りの支払い方法から選ぶことができますが、クレジットカードのキャッシング枠では「毎月元金定額払い」で支払うことになります。

これはどんなに利用しても毎月一定額の支払いになるため一見よさそうですが、「必ず一定額の支払い」ということは返済期間が延びることにつながり、結果多くの金利を支払うことになります。

つまり、カードローンに比べてクレジットカードのキャッシング枠での借り入れは、負担が大きいということになります。

キャッシング枠とは

クレジットカードは、ショッピング枠だけでなく、キャッシング枠(限度額)を設定することで、クレジットカード付帯のキャッシングサービスを利用することができます。JCBのクレジットカードの場合、ショッピング枠とキャッシング枠は総枠に含まれます。また、クレジットカードのキャッシング枠(限度額)はお客様によって異なります。

引用元:www.jcb.co.jp

違い2 キャッシング枠のほうが金利が高い

次に違うのが金利です。これも某クレジットカード会社で5万円借り入れた場合を例にとってみてみましょう。

①某クレジットカード会社のカードローンの場合

  • キャッシング1回払い:5.00%
  • キャッシングリボ払い:4.40~12.50%

②某クレジットカード会社のクレジットカードのキャッシング枠の場合

  • キャッシング1回払い:15.00~18.00%
  • キャッシングリボ払い:15.00~18.00%

このように、カードローンとクレジットカードのキャッシング枠では、「キャッシング1回払い」で多くて13.00%、「キャッシングリボ払い」で13.60%、クレジットカードのキャッシング枠のほうが金利が高くなっています。

つまり、お金を借りることに関しては、クレジットカードのキャッシング枠よりもカードローンのほうが負担が少ないということになります。

なお、クレジットカード会社のカードローンではキャッシング枠よりも低い金利で借りることができますが、消費者金融のカードローンの金利はキャッシング枠と同程度なので、これはクレジットカード会社のカードローンに限った話になります。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法とは?

お金を借りるならカードローンのほうがお得ということはわかりました。しかしキャッシング枠にもメリットはあります。

それはクレジットカード1枚でショッピングもキャッシングもできるということで、カードを何枚も持つ必要がありません。万が一財布を落としてしまったときに何社もカード停止の連絡をしなければならないことなどを考えると、その点の面倒はなくなります。

ここではキャッシュカードにキャッシング枠をつける方法を、クレジットカードを作る手順と合わせて確認し、その後実際にキャッシング枠で借り入れる方法も確認します。

クレジットカード手続きの流れ

まず、クレジットカード申し込みの基本的な流れは次の通りです。

① カードの入会申し込みを行う

もちろん窓口でもできますが、手軽にインターネットで申し込むことができます。会員規約に同意し、各種必要な情報を入力します。

② 金融機関サイトに移行し、支払い口座設定のための確認を受ける

「普通預金」で「本人名義」の口座を指定することで、その口座が支払い口座として適当か確認を受けます。

③ 申し込み完了通知が届く

登録時に入力したメールアドレスに申し込み完了のメールが届きます。

④ カードが発送される

申し込みから1~2週間程度でカードが送られてきます。

このような流れでクレジットカードを作ることができます。

キャッシング枠を設定するまでの流れ

次に、キャッシング枠を設定するための基本的な流れで、それは次の通りです。

① インターネットで専用ページにログインする

クレジットカード会社の会員ページにログインします。

② 希望のキャッシング枠上限額を入力する

希望するキャッシングの上限額を指定します。

③ 審査を受ける

借り入れ状況や返済状況の確認を行い、希望額と照らし合わせて妥当な上限額を選定します。

④ キャッシング枠が設定される

キャッシング枠が設定され、借り入れが行えるようになります。

このようにすることで、クレジットカードにキャッシング枠をつけることができます。

なお、クレジットカード申し込み時に合わせてキャッシング枠を設定することができ、後日設定する際もインターネットではなく電話で行うこともできます。

キャッシング枠でお金を借りるまでの流れ

そしてキャッシング枠でお金を借りるまでの流れを確認します。方法は「口座への振込」と「CD・ATMでの引き出し」の2種類があるので、それぞれ見てみましょう。

① 口座への振込

口座へ振込みは、インターネットか電話で申し込むことになります。問題がなければ申し込み時に指定した口座へ振込手数料無料でキャッシングで指定した額が振り込まれます。

② CD・ATMでの引き出し

CD・ATMでの引き出しは、カード会社の指定するCD・ATMにカードを挿入し、「借入」ボタンを押して暗証番号を押し、支払い方法と希望額を入力することで、その場で現金を手にすることができます。

このように、一度キャッシング枠を設定すればあとは簡単に利用することができるようになります。

キャッシング枠を利用するうえで覚えておいたほうがいいことは?

最後に、キャッシング枠を利用するうえで覚えておいたほうがいいことについて解説します。

リボ払いについて理解しておく

先ほどリボ払いについて説明しましたが、リボ払いは「元金を毎月一定額ずつ返済する方式」のことです。

リボ払いのメリットは「返済額が一定のため、毎月のお金のやりくりがしやすくなる」ことですが、反対にデメリットは「返済期間が長くなり、金利を1回払いに比べて多く支払わなければならない」ことで、借入金額が増えてくると非常に厳しい返済方法になっています。

キャッシング枠はリボ払いが一般的ですので、キャッシング枠を利用する際には可能な限り少額で利用するようにしましょう。

ショッピング枠とキャッシング枠は別ではない

クレジットカードにキャッシング枠を設定することでキャッシングが利用できるようになりますが、あらかじめあるショッピング枠の上限とは別ではないことを覚えておきましょう。

つまり、クレジットカードの上限枠はショッピング枠とキャッシング枠を合わせていくらと設定されるということで、例えば上限が100万円でキャッシング枠を30万円利用すればショッピング枠は上限が70万円になる、ということです。

上限枠の考え方を理解したうえで利用しないと、いざという時に困ってしまうかもしれません。覚えておきましょう。

キャッシング枠は不正利用に対して保証がない場合がある

キャッシュカードのショッピング枠は一般的に、カード情報を盗まれるなどで不正利用された場合にカード会社で保証がされます。しかしこれに対してキャッシング枠は保証が付いていない場合があります。

つまり、キャッシング枠を設定していたクレジットカードを万が一落としてしまってキャッシングをされてしまうと保証がされないということです。

そのため、クレジットカードのキャッシング枠を利用しないのであれば枠を設定しないほうがよく、設定したのであれば絶対に落としたりなくしてしまったりしないよう、また、決済の時にカードを渡した際、情報が抜き取られてしまうような仕草がないか常に目を光らせるなど、利用には細心の注意を払う必要があります。

クレジットカード会社のカードローンよりも金利や利息が高くなることを覚えておこう

これも先ほど説明しましたが、キャッシング枠はカードローンよりも金利が高く、結果支払わなければならない利息が多くなってしまいます。

例えば借入額5万円、毎月元金定額払いで返済回数5回、返済額1万円の場合、カードローンの金利が10.50%であれば利息は1,234円となりますが、キャッシング枠で利息が18.00%であれば利息は2,118円となり、5万円の借り入れで利息の差は884円となります。

これが10万円、20万円と借入額が上がってくるとそれだけ差が大きくなるということで、やはりお金を借り入れるのであればカードローンのほうがいい、ということになります。

やむを得ず借り入れる場合にはやはり、可能な限り少額に抑えるということを心がけるべきでしょう。

返済が延滞しないようにしよう

これはカードローンでも同じことですが、返済が延滞しないようにしましょう。

キャッシング枠の場合、返済は口座引き落としで行われます。つまり前日までに返済額を口座に用意しておく必要があり、万が一残高が足りないとこちらから指定の銀行口座に振り込むか、送られてきた払込票を使って支払う必要があります。

そしてそれだけでなく遅延損害金の支払いも生じます。遅延損害金とは支払いが遅れた場合にペナルティとして支払わなければならないもので、年率はだいたい20%となっています。

つまり、遅れるとその分余分に金利を支払わなければならなくなるということで、負担が大きくなるのです。

さらには返済状況の情報に載るので次回借り入れができなくなる恐れもあります。これは何度も遅れて支払わないなど、ひどい状況の場合ということにはなりますが、必要な時に借り入れができなくなることもあり得ますので、やはり返済は予定通り行う必要があります。

まとめ

以上、クレジットカードのキャッシング枠について、カードローンとの違いや手続きの方法、利用の際に覚えておきたいことを解説しました。

キャッシング枠の利用は持つカードが少なくて済むなどのメリットがありますが、金利や利息が高い、保証がないなどのデメリットも多くあります。

カードローンでもキャッシング枠でも基本は「少額で利用し短期間で返済する」ことですが、利用の際にはキャッシング枠の特徴やデメリットをしっかりと把握し、カードローンと合わせて無駄なく利用するようにしましょう。

カードローンの方が、借り入れをしたいお客様にとってメリットある条件でサービスを提供している

引用元:www.jcb.co.jp

-カードローンの基礎知識

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.