20歳未満の未成年がお金を借りるための方法!学生やフリーターでも可能か

投稿日:

お金を借りるのは大人だけに限ったことではなく、学費や生活費に困った20歳未満の未成年がお金を借りることは十分にあり、そして可能です。

未成年がお金を借りるには、学生ローンやクレジットカードのキャッシングローンを利用した借入方法など多くの借入方法があります。

ただし、SNSを利用したお金の貸し借りや闇金の利用などは絶対に避けてください。20歳未満の未成年がお金を借りるための方法を詳しく解説します。

マネーおじさん
未成年がお金を借りる方法はいくつかあるんだ。

20歳未満の未成年がお金を借りるための方法はどんな方法がある?

未成年の方は、社会的責任が低くお金を借りても返せないことが多いのが事実。

たとえローンを借りられた場合でも、民法第5条で、「未成年者が親権者や後見人の同意を得ずに結んだ契約は取り消すことが可能」と定められてこともあり、お金を借りることが難しくなっています。

お金を貸すリスクが高く返済能力の低い未成年には簡単に即日融資をしてくれるところが少ないのが現状です。

未成年の方がお金を借りる方法にはどのような手段があるのか詳しく見ていきましょう。

20歳未満の未成年の方がお金を借りる方法はある

20歳未満の未成年でもお金を借りることは可能であり、20歳未満の学生やフリーターでもお金を借りる方法はあります。

一般的にみると、未成年の方やフリーターの方がお金を借りる方法はないように考えますが、決してゼロではありません。

未成年を対象にした学生ローンや未成年に限らず、フリーターの方でもお金を借りることができるクレジットカードのキャッシング機能など、未成年の方がお金を借りる方法は多数あります。

学生を対象にした学生ローンや、、フリーターでも利用できるクレジットカードのキャッシング機能などを以下で詳しくみていきましょう。

未成年の方がお金を借りる方法

学生ローンを含め、未成年の方がお金を借りることができるおすすめの方法が3つあります。未成年がお金を借りることができる、3つのおすすめの方法を詳しく解説します。

消費者金融を未成年者が利用できるか?

大手~中小消費者金融は20歳未満にキャッシングによる借り入れを受け入れていません。

民法上の「未成年者による契約はこれを取り消す事ができる」という条項が影響しているのですが、つまりは無理ということです。

クレジットカードのキャッシング機能を使った借入方法

クレジットカードのキャッシング機能を使った借入方法も、未成年にはおすすめの方法です。

クレジットカードのキャッシング機能とは、クレジットカードを使って銀行の窓口やATMからお金を借りる方法です。

キャッシング機能の対象は18歳以上に設定されていますので、未成年でもキャッシング枠内に入っていればお金を借りることができます。

未成年に設定される相場は5万円以上〜10万円以下、金利は18%。

一般的な返済方法に比べて金利が高く設定されていますが、未成年がお金を借りるためには、どうしようもないことです。

未成年の方でも条件によっては借入可能な方法で、なかにはフリーターでもクレジットカードの審査が通るカード会社もあります。

使えるカード


・楽天カード
※親権者の同意が必要です

・エポスカード
※親権者の同意が必要です

・三井住友VISAデビュープラスカード
※親権者の同意が必要です

マネーおじさん
クレジットカードのキャッシング機能は18歳から利用可能なんだ。

学生ローンを使ったお金の借り方

未成年の方がお金を借りる方法としておすすめする借入方法が、学生ローンを使った方法です。

未成年といっても対象となる年齢は18歳以上の大学生と大学院生、短期大学生、専門学生の未成年に限られます。

学生ローンは、親の同意なしで借入できることが最大のメリットで、未成年がお金を借りる時に一番悩むポイントは、親の同意です。

基本的に他の借り入れ方法は親族の同意がなければお金を借りることができません。未成年だからという理由でお金を借りられないのは残念なこと。

いくら未成年であっても、自分の意思でお金を借りたいと考える方も多いですが、学生ローンでは未成年でも親の同意なしで借りることができるため安心です。

ただし学生ローンを使った返済方法は、金利が15%〜18%と比較的高く設定されている消費者金融です。学生ローンを利用したい方は借入条件を確認して審査に挑みましょう。

学生ローンを利用した方のために、おすすめの事業を以下で紹介します。

質屋からの借入方法

未成年の方におすすめする最後の借入方法は質屋からの借入方法です。質屋からお金を借りるためには、宝石やブランドバックなど担保が必要となります。

また、クレジットカードの金利と比べて4倍〜5倍の高い金利が設定されています。未成年の方でもブランドバックや宝石を持っている方が少ないのも事実。

あまり現実的な借入方法ではないですが、未成年の方がお金を借りる最終手段として覚えておきましょう。借入方法の中の一つの手段として用意しておくことも大切です。

マネーおじさん
質屋からの借入方法は最終手段だと言えるね

未成年の方がやってはいけない3つのお金の借り方

未成年でもお金を借りることができる方法を解説してきましたが、その逆でやってはいけないお金の借り方もあります。

未成年がやってはいけない、3つのお金の借り方について解説していきます。

知人や親族からお金を借りる

未成年がお金を借りる方法としておすすめできないのが、知人や親族からの借入です。自分の知人や家族からお金を借りることは、最もはやくお金を借りる手段であり、金利が一番低く設定できる方法。

しかし、家族間や知人からの借入方法は信用と信頼関係に左右されるデメリットがあります。家族間に「お金を貸してほしい」とも言いずらいですし、知人からも返済方法はその後の信頼関係の悪化につながってしまいます。

お金を借りたことで関係を悪化させないためにも、知人や親族からお金を借りることはおすすめできません。どうしても知人や家族間からお金を借りたい場合には、それ相応の理由をしっかりと準備しておきましょう。

マネーおじさん
家族間や知人からお金を借りることはメリットもデメリットもあるんだ

SNSや掲示板を利用するお金の借り方

SNSや掲示板を利用するお金の借り方もおすすめできません。最近ではネットを通じてお金の貸し借りが増えており、場合によっては闇金に繋がる可能性があります。

また、SNSや掲示板を通じて「お金を貸してほしい」と言うことも周りに悪い印象を与えます。

ネットの情報は恐ろしいもので、たとえ小さな情報でもすぐに広がってしまうものです。お金をSNSや掲示板で借りることは悪徳業者に利用されてしまう可能性が高くなります。

お金を借りる方法は学生ローンやクレジットカードのキャッシング機能を利用するなど、信頼性の高いローンからお金を借りるようにしましょう。

信頼性の高いローンであるからこそ、なるべく金利が低く、未成年の方の負担が少なくなる取り組みをしています。安心してお金を借りれるように努力してみましょう。

マネーおじさん
信頼性の高いローンを使ってお金を借りることが一番なんだ

まとめ

20歳未満の未成年がお金を借りるための方法を解説してきました。

  • 未成年の方がお金を借りるのは現実的に難しい
  • 学生ローンを利用したお金の借り方が一番おすすめ
  • キャッシング機能付のローンは18歳以上から利用可能
  • 知人や家族間からの借入方法はあまりおすすめできない
  • SNSや掲示板、闇金を利用した借入方法はやってはいけない

未成年は成人と比べて、非常にお金が借りにくいのが現実。しかし、お金を借りる可能性はゼロではありません。

親族の同意がいらない学生ローンや18歳以上の方から借入できるキャッシング機能など、未成年の方がお金を借りる方法はたくさんあります。

学生やフリーターでもお金を借りることは可能です。お金を借りる理由があるからこそ、お金の知識を身に付けておきましょう。

マネーおじさん
未成年の方がお金を借りる方法には色々な手段があるんだね

-属性別お金の借り方

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.